スタンスが好評♪

油断すると元に戻りますが、頑張って身につけたいと思います。すいません、まだ読んでいないのでコメントできません。 まあ重要な企業秘密ですよね。

こ、これですっ!

2017年04月04日 ランキング上位商品↑

スタンスゴルフ4スタンス理論 [ 広戸聡一 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

4つのタイプの判別法が数多く書かれていて良いです。熟読した今は、他人が何型であるかもスイングを見て分かるようになりました。今まで多数の本を読みましたが、これだというものがありませんでした。この本で自分のタイプはよくわかりました。でも、果たして自分がどのタイプなのかは良く分かりません。ちなみに、パットについては割りと即効性があるようで先日6ホールまでは8パットでいけました。と感じたので本書を購入したのですが・・・自分のタイプがよくわかりません。週間GD連載は知ってましたが読んでませんでした。。人に教える際に!違うスタンスの人がいるというのが分かるだけでも!アドバイスの受け方!出し方に違いが出ると思います。読み終わったら、またコメントします。通常のレッスンでは、一通りですがこれは違いました。ゴルフバージョンでも本があることを発見したため購入。まだ頭と体がリンクしていないが!地道に訓練して行きたい。2ヶ月でハンデキャップが4つも減りました。オススメです。私はB1タイプですが、この書の通りにグリップしスイングしてからは全く痛みを感じません。今まで色々レッスン書を見ましたが!これが一番効果があったかも。自分のタイプを知り!スイングすると安定度が増しました。ただ練習本等がないので!実践と本を照らし合わせながらのが効率がいいのではないかと思い購入しました。読んで行くうちに自分の体が自然に動いていうんですよね。身体的特徴によって!スムーズにスイングする為のフォームがこんなに違うなんて。この本に出会うまでどれ程遠回りをして来た事か…。私はB2型でそのための練習に励んでいます。ただ以前TVで紹介されていたのでずっと気になっていました。星を5つにしましたが!ある程度スイング理論を理解した方で中級以上の腕前の方向けのレッスン本だと思います。それだけでもかなりの出費を抑えることができますね(笑)。写真つきでわかりやすいです。NANDA?をみて待ち望んでいた本です。ちょっと笑ってしまいますよ。お勧めです。最近スイングに個性がある。下半身のテスト結果と上半身のテスト結果が異なってます・・・どうしましょうか? あとなぜ4分類なのか は説明されてません。また、自分のタイプが解ってからは他のレッスン書は読まなくなりました。これに続き!野球の4スタンス理論を読みたくなりました。自分の体が使いやすいようなポイントを見つければ!自ずとまねをして良いもの!いけないものを区別できるようになるということが理解できた。下記、主人からのコメントです。人間の体には個性があってみんな特徴が違いますよね。後は打率をあげるだけですが!こればっかりは練習しないとだめですね。ある深夜番組で「4スタンス理論」を偶然に見たことから、何となく気になっていた。今年度ベストBUYです。練習大好きな私ですが、首や肘など常にどこかを痛めていました。これまでいろいろな理論をいろいろな本・雑誌で見てきたが!役に立つことと立たないことと両方あったが!その理由が良くわかった。もう少しチェックを繰り返したいと思います。いわゆるスイングプレーン理論を合う人合わない人がいると真っ向から否定してくれる快書!どうしてもスイングプレーンを身に着けようとした動きが抜けずに苦労していますが、いままでより体の動きに無理がないせいかあたったときの飛距離はけっこう伸びています。とても参考になりました。参考になってスコアがよくなればいいのですが。かなり解りやすく書いてありました。週刊ゴルフダイジェストの「あうんのゴルフ」に興味をお持ちの方にはお薦めの本です。私にとっては永年の悩みが無くなり!画期的なレッスン本でした。適した方法論を用いないと遠回りになる。スタンス、足低部を4分割して運動理論で分析する観点にひかれて買いました。次回は実践編としてタイプごとの本がほしいですね自分にピッタリの理論です。主人にプレゼントしましたが!相当はまった様子です。自分のタイプに合わせてポイントを整理し、打ちっぱなしに行ったところ、無理なく乱れなく球筋がまとまり、しかも買い換えたばかりのドライバーも、1打目から見事に飛んでくれました!もちろんヘッドアップしたり、体重移動が上手くいかなければダメですが…今行ってるゴルフ教室では本に載ってる理論を実践しているところです。思いっきりスイングして、飛距離も方向性もアップしていると感じています。自分の特性に合わせてレッスンできます。私には唯一無二のレッスン書です。それにヘッドスピードが2から3m上がりました。